袴田 巌 さん、48年間の苦悩…、

1966年 6月、味噌製造業の専務宅から出火し、全焼した現場からは刃物による多数の傷ついた専務一家(4人)の死体が発見されました。袴田 巌さんは、当時 味噌製造工場の寮に住み込み従業員でした。誤って左手中指の負傷、元プロボクサーであった事を理由に袴田 さんを不当逮捕されてしまいます。そして、袴田さんには裁判には死刑判決が言い渡されてしまいます。(1980年上告棄却により死刑が確定)、袴田 巌さんの実のお姉さんである“ひで子”さんは静岡地裁に対し、2008年、第二次再審請求の申し立てをしました。2014年3月、静岡地裁は再審決定を出すと同時に死刑の執行の停止と拘置の停止を決定し、袴田 巌さんは東京拘置所から釈放されました。実に48年ぶりの釈放でした。捜査機関の自白の強要、捜査機関による捏造、数々の証拠隠し、にもかかわらず検察当局は「検証実験」に拘り続けています。

これが袴田事件の概要です
今回は「袴田 巌さんの再審開始・無罪判決を求める9・27浜松集会」主催:浜松に袴田巌を救う市民の会

冤罪は絶対にあってはならない事だと考えます。

用意した座席を超える方々が来て下さり、沢山の方々が袴田さんに関心を持っていて下さっている事は力強く思っています。
福島瑞穂参議院議員とともに突然に訪れた袴田巌さん、お姉さんのひで子さん、皆さんもビックリ!
閉会後は袴田さんの宅での食事会、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
進行・司会・ホスト役の寺澤 さん、お疲れ様でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER735203ASP

Author:FC2USER735203ASP
愛知県出身 1983年愛知県「半田保険金殺人事件」で末弟を殺され、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は死刑制度に深い関心を寄せながら犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。2010年脳梗塞を患い,
言語・右半身を失い活動を一時休止に追い込まれましたが2013年に復活,現在は『宮崎事件』、 冤罪と云われる『福岡事件』に取り組んでいる。「望むのは死刑ですか…、」シネマトークに参加する。

著書に「弟を殺した彼と、僕」ポプラ社、2004年8月・・など、
ー被害者と加害者との出会い考える会ー
「Ocean」を設立。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ocean
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR