作りあげられた被害者像?

  『心情の安定』という言葉がある。
「誠と愛をもって・・・接する」事が死刑確定者への「心情の安定となることを説いている。
しかし、昭和38年(1963年)の法務省通達により歪曲されてしまいました。
「心情の安定を害するおそれのある交通も、また制限されなければならない」と。
友人・知人との交通権を奪う事が何故「心情の安定」に繋がるのかは未だに良く分かりません。
死刑を宣告する裁判官は、必ず被害者とその遺族の受けた物質的・精神的な被害の度合いを、量刑判断の主要な根拠とします。いわゆる被害者感情は、死刑存置を主張する人々にとって、存置の最後の理由でもあります。
『死刑が尊貴な人命の剥奪を内容とする最も冷厳な刑罰であり、真にやむを得ない場合にのみ適用されるべき窮極の刑罰であることを考えると、その適用は特に慎重でなければならない・・・・』としつつも、その「真にやむを得ない場合」と
裁判所が判断した事件に関しては、被害者側の状況、感情が最大限しんしゃくされ、それへの応報的措置として死刑が宣告されているのが現実です。
「死刑」の持っている基本的な作用として第三者の怒りを「犯人憎し」と云う感情に固定してしまうと云う事があります。
事件のより深い背景や、原因が見えなくされ、死刑で犯人を抹殺することで何かが解決したかのような印象を与え続ける他方、悲惨な事件は繰り返されるとも言えるのです。
更に被害者側の人びとも、ないがしろにされ、マスコミ・社会によって作り上げられた『被害者像』が一人歩きする中で、
「犯人憎し」の感情のみが増幅されてしまいます。それが今の死刑制度を支えているのです。
私たちは、殺人を憎み、人が人を殺すのではなく生かしあう社会を構築する事を求めて、死刑制度について反対するものです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER735203ASP

Author:FC2USER735203ASP
愛知県出身 1983年愛知県「半田保険金殺人事件」で末弟を殺され、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は死刑制度に深い関心を寄せながら犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。2010年脳梗塞を患い,
言語・右半身を失い活動を一時休止に追い込まれましたが2013年に復活,現在は『宮崎事件』、 冤罪と云われる『福岡事件』に取り組んでいる。「望むのは死刑ですか…、」シネマトークに参加する。

著書に「弟を殺した彼と、僕」ポプラ社、2004年8月・・など、
ー被害者と加害者との出会い考える会ー
「Ocean」を設立。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ocean
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR