『罪を償う』とは!?  Part 2

先週の土曜日(3月14日)、『罪を償うとは』 ”宮崎事件から死刑制度を考える”と題して中津市教育福祉センターで開催されました。会は川口保博氏によるチャリティーコンサートコンサート”いのちを唄う”で始まり熱唱のうち更に歌声にも魅了されました。休憩を挟んで、シンポが始まる。笹倉香奈氏・甲南大学准教授『死刑制度と裁判員裁判』講演は実に興味深い内容でした。日米の死刑制度を比較しての話しはとても分かり易い内容でした。事件を担当された黒原智宏弁護士は『宮崎事件の回顧と展望』と云う話しで熱弁されました。被害者遺族の方も参加されており、とても充実した一日になった様な気がする。
宮崎事件とは2010年、家族3人を殺害したとされ、1審・2審で死刑とされた奥本章寛君で昨年の秋に最高裁で上告棄却を受け確定死刑囚になりました。その被害者遺族の方が1審の裁判員裁判では死刑を求める意見陳述をしていたのに、「まだ死刑と決めないで欲しい」との趣旨の上申書を最高裁に提出していると云う事件です。
死刑判決が出される時に必ずと良いほどに云われる事は『被害者遺族の感情をもってすれば・・・、』と云う言葉がある、
もっとも大切な事は被害者遺族の声なのではないでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER735203ASP

Author:FC2USER735203ASP
愛知県出身 1983年愛知県「半田保険金殺人事件」で末弟を殺され、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は死刑制度に深い関心を寄せながら犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。2010年脳梗塞を患い,
言語・右半身を失い活動を一時休止に追い込まれましたが2013年に復活,現在は『宮崎事件』、 冤罪と云われる『福岡事件』に取り組んでいる。「望むのは死刑ですか…、」シネマトークに参加する。

著書に「弟を殺した彼と、僕」ポプラ社、2004年8月・・など、
ー被害者と加害者との出会い考える会ー
「Ocean」を設立。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ocean
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR