作り上げられた「被害者感情」

権力側は「被害者(遺族)感情を考えると極刑」などと 利用するが、被害者家族は事件から死刑執行までずっと 蚊帳の外に置かれて います。
時が経つにつれ、社会から事件が忘れられて 行く中 被害者家族の苦悩は 続くのです。
被害者遺族が本当に何を望んでいるのかを 考えて欲しいものです。
加害者の刑罰を 重くする事によって 被害者感情を回復しようとする事なんて どだい 無理な話しです。
被害者救済は 別な形で行わるべきです。
多くの人が抱いているかっこ「犯罪被害者」のイメージは どんな風にお持ちでしょう?
イメージ通りの被害者、「極刑」を求める被害者は「良い被害者」だが、そのイメージと異なると社会・メディア他から
「おまえ はおかしい」などと 云われるのです。
「僕の様な被害者は《悪い被害者》で 更に声を出そうものなら《究極の悪の被害者》と みられています。」
その 一方で「極刑を望む」と云う様な被害者家族の感情的は発言は 一斉に用意されていたマイクで 吸い取られるんです。一度 メディアの前で「極刑」発言をしてしまうと 後で撤回するのが困難だと聞きます。
撤回する事による 誹謗中傷・二次的被害にからだと思っています。
メディアの前・社会の前では 死刑 を望むと云ってしまっても 被害者家族の多くは 死刑 を望んでいない とも 僕は思っています。


死刑正当化の為 法務省や政治家が言及するのは世論の支持である。
森山 真弓 元法務大臣は こう も述べています。
「人の命を政府が奪うと云う事で《重い話》だと云う事は良く分かります。しかし、日本の国情をみますと、極悪非道な犯罪がある。国民はそういった犯罪があると早く捕まえて死刑にしろと云う感情があるのです」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER735203ASP

Author:FC2USER735203ASP
愛知県出身 1983年愛知県「半田保険金殺人事件」で末弟を殺され、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は死刑制度に深い関心を寄せながら犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。2010年脳梗塞を患い,
言語・右半身を失い活動を一時休止に追い込まれましたが2013年に復活,現在は『宮崎事件』、 冤罪と云われる『福岡事件』に取り組んでいる。「望むのは死刑ですか…、」シネマトークに参加する。

著書に「弟を殺した彼と、僕」ポプラ社、2004年8月・・など、
ー被害者と加害者との出会い考える会ー
「Ocean」を設立。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ocean
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR