フッと・・・、思うこと。

このところ目眩が激しい、少し風邪気味のせい?そんな事はどちらでも良いが、最近フッと思う事がある。生かされている現実である。死と向き合った人々はどうなんだろう?と、現在は死刑執行ができる、この様な場所が全国に7箇所ある。札幌、宮城、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、これらいずれかで、毎年といいほど何人かの、死ぬしか罪は贖えない、死ぬしか国・衆人の平和は守れないと判断された死刑囚の人たちが吊られているのである。いわば、そこは公的に殺人を許された「聖域」と云って良いだろう。
「聖域」ゆえの密室性、儀式性は当然ある。そして荘厳さもある。例えそれが「国家」と云う名目しろ、「正義」と云う名目にせよ、人が人をあやめる事に変わりが無い以上、死はあくまでも厳粛にならなければならない。
『一人の生命は全地球よりも重い』と云う事まで考えれば死刑囚の人たちのプライバシーも権利も考慮にいれなければいけない。 その「残虐性」についてもである。しかし、今のところ、国は絞首刑を残虐ではないと判断している。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER735203ASP

Author:FC2USER735203ASP
愛知県出身 1983年愛知県「半田保険金殺人事件」で末弟を殺され、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は死刑制度に深い関心を寄せながら犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。2010年脳梗塞を患い,
言語・右半身を失い活動を一時休止に追い込まれましたが2013年に復活,現在は『宮崎事件』、 冤罪と云われる『福岡事件』に取り組んでいる。「望むのは死刑ですか…、」シネマトークに参加する。

著書に「弟を殺した彼と、僕」ポプラ社、2004年8月・・など、
ー被害者と加害者との出会い考える会ー
「Ocean」を設立。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ocean
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR