“ 死刑・被害者感情 ”

死刑存置論の中で良く 耳にする根拠の一つとして、被害者(遺族)の感情があげられます。
被害者(遺族)の問題は 死刑廃止を論じるにあたって避けることの出来ないところだとも思っています。
実際に死刑判決の文中で極刑を欲する旨の遺族の心情が量刑上の理由として掲げられる事が多いのも事実です。
僕もかつては加害者に対して 「極刑をもってしか償いは無い」とさえ 言っていました。
しかし 被害者感情を死刑存置の根拠とする事に僕はどうしても疑問が残ります。
国が被害者に代わって加害者に報復を加えると云う性質のものではありません。
被害者の報復感情を満足させる為に死刑存置を論じるのは間違っていると思います。
被害者の命は加害者の命をもっても償いえない かけがえの無いものだと思っています。
遺族のいたみは加害者を死刑する事によって癒されるようなものでは無いと考えます。
プロフィール

FC2USER735203ASP

Author:FC2USER735203ASP
愛知県出身 1983年愛知県「半田保険金殺人事件」で末弟を殺され、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は死刑制度に深い関心を寄せながら犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。2010年脳梗塞を患い,
言語・右半身を失い活動を一時休止に追い込まれましたが2013年に復活,現在は『宮崎事件』、 冤罪と云われる『福岡事件』に取り組んでいる。「望むのは死刑ですか…、」シネマトークに参加する。

著書に「弟を殺した彼と、僕」ポプラ社、2004年8月・・など、
ー被害者と加害者との出会い考える会ー
「Ocean」を設立。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ocean
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR