スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎市へ…、

先週も、愛知へ帰った時には土砂降り、今日もどう言い訳して良いのやら家を出る時 には 雨〜(T . T)、
墓まりでお墓へ下る坂道には タクシーを待ってて頂いたんですが…傘もさせずにびしょ濡れの始末でした。
今日(26日)も家を出るときには 宮崎市に入った途端に雨足も強くなり やっぱり僕は雨男の気がある?みたい…
明日の朝帰るつもりなんですが…ある方を説得・話し合いをしに来たのですが 根本的に相違点があり ある程度の時間が
必要か?それともこれ以上は無理?
持ち帰ってみなさんとも相談して行く中で 見出して行く事に他無いのでは、と云う結論に達しまた。
後日 この話の詳細ついては掲載しましょう。
荒牧さんの運転で 高速道路の運転をお任せきり!行きも帰りも運転して頂いて 本当にお疲れさまです、感謝です。
家に帰ったらすぐ5/1の支度で テンヤワンヤ の大さわぎです。
これが 終われば ひと段落つけるかな?
スポンサーサイト

墓参り…、


愛知県大府市駅前・ホテル アズイン

春の嵐がやって来る中をお墓参りで帰っていました。
前線があとを追っかけて来る様な感じです (^ ^)
雨の降る中 駅前からタクシー移動です。
来月 早々に一周忌をする為 その前にお墓参りを…、
強い雨風の中 早々に切り上げ 早めにホテルにチェックインです。
明日には雨も上がる?でしょうね。
49日以来のホテルです。
明朝はゆっくりとしながら帰り旅です。

里帰り、

小倉駅・新幹線
小倉駅 新幹線ホーム、


朝早くにソニックと新幹線に乗り継いで 名古屋駅に着いたのはお昼過ぎ、
さすがに東京・大阪に次いでの大都市!
人の行き交う 多さに右往左往しました。何年か前に住んでいたのにねぇ〜、
しかも 一年前は来ているのに、だいぶ変わっている様な気がします。
今日は 一年前に亡くなった母のに墓参りを 一周忌をするのにその前のお墓参りです。
なかなか来られないのが悩みの種です。
公共交通機関があまりにも郡部には無いのも悲しい事ですので、
タクシー移動でのお墓参りです。
大府駅前にホテルを取り 数日間の宿泊です。
今日はホテルで泊まり ゆっくり休むんですが…、
明日からはまた忙しくなりそう〜〜囧‼️人・友達と会ったり…まだ しなければならない事が
多く…連泊して今日(15日)から連泊して18日には帰ろうと思っています(^ ^)

“ 理事会 ”

中津駅
JR 中津駅

昨日(4/9)中津へ行って来ました。
朝 出かけには春の陽射しもあり、暖かさも覚えたんですが中津駅に降りたつと肌寒さを感じさえ覚えました。
電車に揺られる事一時間 これほどの気候が違うものかと正直 思いました。
お昼頃に着き 荒牧さんのお迎えで 会場である《ゆるり》へと…、
厳しい意見も飛び交う中でも和やかな雰囲気で会も終わりました。
幾つもの難題を抱えながらも奮闘されている 荒牧さん に敬意を表意します。

“ 半落ち ”

半落ち
横山秀夫 講談社 2004年発刊されました。

早いもので もう13年もの日にちが経ってしまいました。
好きな本の中の一冊です。既に読み終えた本ですが もう一度読み返してみました。3回目です。
社会問題ともなっている 認知症を扱ったものです。
認知症を患った妻を殺害したとされる 梶 総一郎警部、それに関わった 佐瀬 検事との心模様を描いた作品です。
読み応えのある作品になっています。
確か 映画化もされていたとも…?

“ さくら ” の開花

開花
さくら の開花

先日の(2日の日曜日)夜 帰り道にあまりにもの寒さに震え上がり
今日は うって変わってのポカポカ陽気で 一気に桜も満開に❗️
気持ちの良い一日になりました。
こんな 穏やかな日が続いて欲しいものですね。

“ 市民集会 ”


熱弁を振るう 黒原弁護士(宮崎事件を担当されている)


福岡市福祉会館 《ふくふくプラザ 501会議室》13:30〜
裁判員制度は このままで本当に良いのか?その あり方について、
そして、本質的なものはどこにあるか?真意どこなのか? などについて…

裁判員裁判で裁かれた宮崎事件ですが、被害者遺族の上申書の意も取り上げられないまま、
死刑確定がなされてしまいました。“奥本さん” の現状、裁判員制度ついて 、
熱く語られた黒原弁護士、外国に行かれ 急ぎ足で駆けつけて下さり、本当にありがとうございました。

福岡・タンポポの会 方々 主催、お疲れさまでした。

“ 誰の為の殺人”。

欧州各国は日本政府に対し、非人道的な刑罰である「死刑」を直ちに廃止する様に勧告文まで出して言って来ています。当時 (2001年)国連加盟国の半数以上は死刑制度を廃止、もしくは事実上死刑の停止していると云う。
人が人を殺してはならない事は、もう明白な倫理となっています。ただ そうした殺人が、国家の名のもとで 許され 行われていると思うというといても立ってもいられない感情です。
しかも その現状を事を国民には秘密裏にし続けている。
しかも 死刑を容認しているのは私たち一人一人ではないでしょうか?
明日4月2日福岡市の ふくふくプラザ で14時〜 宮崎事件を担当された黒原弁護士によるお話があります。
先日(29日)も行って来たんですが今回も是非お話しを聴きたく思っています。
プロフィール

FC2USER735203ASP

Author:FC2USER735203ASP
愛知県出身 1983年愛知県「半田保険金殺人事件」で末弟を殺され、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は死刑制度に深い関心を寄せながら犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。2010年脳梗塞を患い,
言語・右半身を失い活動を一時休止に追い込まれましたが2013年に復活,現在は『宮崎事件』、 冤罪と云われる『福岡事件』に取り組んでいる。「望むのは死刑ですか…、」シネマトークに参加する。

著書に「弟を殺した彼と、僕」ポプラ社、2004年8月・・など、
ー被害者と加害者との出会い考える会ー
「Ocean」を設立。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ocean
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。