スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臼杵の石仏、

臼杵石仏
み佛が微笑む里

2月18日(土) 大分県 労済福祉会館ソレイユ 〈アイリス7階〉 14:30〜
《死刑を考える》シンポジウムが催されました。
県内外からの方をお迎えしての80名を超える方々によるシンポジウムでした。
黒原弁護士、荒牧浩二さん、長塚洋監督、僕、
どれを取っても聞き応えのある話しでした。何回も場数を踏んでいるとは云え今回ばかりは緊張度はMAXになる始末でした。

翌日は緊張度も緩んだせいもあってか?
鉄輪温泉の地獄蒸し、筋湯、高崎山の猿、遠くは臼杵の石仏 脚を伸ばして来ました。
一日中 引っ張りまわしてしまった 辻 優子 さん ご迷惑をおかけしました❗️
スポンサーサイト

ドキドキの前夜…、

春灯雑記
《春灯雑記》 司馬遼太郎 朝日出版社 1551年11月発刊

大分市労済福祉会館(ソレイユ) 《アイリス7階》で14:30から開催される死刑廃止に関わるシンポジウムです。
黒原弁護士、荒牧さん、映画監督である長塚さんに混じって僕、いつもながらの穏やかな口調での司会進行役は福岡の弁護士・岩橋さんによるものです。「望むのは死刑ですか…」の上映に始まり、次第に話し話は核心に触れるんですが…僕の喋りが困難で話し話し飛ぶし、チンプンカンプン❗️それにも加えて以前のように喋れ無いのがあり、近くの温泉♨️にも入り 食事にも、ご一緒して下さり、明日へのシンポジウムの、気を遣ったり、気配りして下っさった映画監督の長塚さんですが…、
当日を明日に控え 眠れないでいます。
そんな時 この本を読むと心が落ち着くんです。もう66年も前の一冊ですが 僕の好きな本です。
とっておきの愛読書の一つです。 春灯雑記 司馬遼太郎さんの本です。
九州各地から 四国から 来て下さる方たちの為にも頑張りたいと思います。

さぁ〜、明日はがんばる💪ぞぉ〜❗️

お知らせ📢


2月12日 毎日新聞 朝刊に掲載🆙されたものです。

この事件へでの関わり方と死刑との関わった黒原弁護士、荒牧さん、
と “ 望むのは 死刑 ですか、考える世論 ” の上映会が長塚監督をお迎えしてあります。
僕も出演します。
この機会に死刑制度のあり方を考えてみませんか?

場所は 大分市労済福祉会館 「全労済ソレイユ」《アイリス7階》14:00 開場です。
約4時間の長丁場ですが 皆さんのお越しをお待ちしております。

春はもう直ぐそこまで…、

梅の開花
梅の蕾が開き、可憐な花を咲かせ🌺始めています。
各地での大雪に見舞われていますが、一輪の梅がふと心を慰めてくれますよ。癒されてみませんか?

一面の銀世界!

1雪
窓から見た雪景色

朝起きて見ると辺り一面の雪景色、ビックリ!
今年に入り最大級の寒波が来ているとの事、
こちらでも雪が降るんだぁ~、
3回目の冬を迎えた事になりましたがこんなのは初めて!
来週2月18日じゃぁ無くて良かったぁ、
風邪なんか患わないように…、


それでは 2月18日(土) 大分市全労済ソレイユ《アイリス》 にてお会いしましょう!

【福岡事件】 えん罪事件の重さ…、

梅
一年の月日の流れるのは早いですネ、もう この場所に移ってから先月でまるっと一年が経ち何時の間にか梅もほころびはじめました。
いくつかの犯罪に手を染めてしまった方、不幸にも事件被害者になってしまった方あるいは巻き込まれてしまった方 何人の方々が梅の開花を楽しんだ事でしょう、死刑を考える上で避けては通れない問題にえん罪があります。もちろん一般の刑でもえん罪は絶対に避けねばイケない事で死刑の場合にはいったん執行されてしまえば取り返しがつかないのです。
そのような観点から云えば死刑冤罪の重さは他とは比べようも無い。
日本では 死刑が確定した後にえん罪が明らかになる云う決定的な誤りを経験しています。日本ではこれまでに
免田事件、財田川事件、松山事件、島田事件など4つの死刑冤罪事件があります。忘れてならないのが福岡事件です。
現在は今は亡き古川泰龍師の意志を次ぎ古川龍樹さん、家族の方々で運動を展開されています。
冤罪事件と云われている福岡事件ですが、いまでは遠く昔の出来事になってしまい、風化してはイケないと思い、火を絶やす事なく打ち込んでいます。
ここで福岡事件とはどんなものなのかを説明しましょう。僕は古川龍樹さんに腰巾着で勉強中です。
【福岡事件】
1947年に起きた事件 福岡事件、同年には軍関係の隠匿蔵物資のヤミ取引がでした。西武雄さんが架空の軍服ヤミ販売による強盗事件を計画、当時福岡の住吉に住んでいた友人の熊本さんを通じて同市在住の中国人に「大量の軍服を売る」と持ちかけ 使用人の元受刑者にもこの計画を打ち明け、本人がヤミ市の露天商と関係していたのを悪用。「ピストルが欲しい」と情報を流したところ、石井さんら6人がピストルを売りに来た。西さんは石井さんからピストル2丁と実弾を入手。その場で石井さんに計画を話して協力を頼み、石井さんは協力を約束。西さんらは5月20日の夜、ブローカーの中国人グループ5人を誘い出して「現物の保管してある倉庫に案内する」と云って騙し、二人を工業試験場のそばの暗がりに連れ込む。石井さんが二人にピストルを発射するなどして殺害、10万円を奪ったとされる。
西さんは「射殺事件とは無関係」、石井さんは「誤殺」を主張したが、射殺現場にはいなかった西さんが共謀共同正犯として1975年6月に死刑が執行されると同時に実行行為とされた石井さんは個別恩赦で無期に減刑され、同一事件で死刑判決が確定した二人のうち一人が処刑され、一人が社会復帰するというケースになりました。
人が人を裁く事はあらためて非常に難しいと思います。
裁判員制度が始まって程なく十年を迎える事になります。果たしてこの制度が良かったのか?
この世界から冤罪事件がなくなる事を願いばかりです。
プロフィール

FC2USER735203ASP

Author:FC2USER735203ASP
愛知県出身 1983年愛知県「半田保険金殺人事件」で末弟を殺され、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は死刑制度に深い関心を寄せながら犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。2010年脳梗塞を患い,
言語・右半身を失い活動を一時休止に追い込まれましたが2013年に復活,現在は『宮崎事件』、 冤罪と云われる『福岡事件』に取り組んでいる。「望むのは死刑ですか…、」シネマトークに参加する。

著書に「弟を殺した彼と、僕」ポプラ社、2004年8月・・など、
ー被害者と加害者との出会い考える会ー
「Ocean」を設立。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ocean
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。