スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまで続く?死刑制度…、

札幌、宮城、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、現在は七カ所によって死刑執行が行われています。
受刑者への死刑執行の言い渡しは施設や死刑囚によって事なる場合もありますが、殆どと云って良いほど当日の朝に行われます。
執行直前まで告知されないと云う事は「今日こそわが身か」と毎朝、恐怖とともに目覚めなければならないと云われます。
現在では日本における死刑は絞首刑が採用されています。
これは、今から千三百年も前の大宝年間に「大宝律令」が死刑を定めた時点で斬殺とともに決められたとの文献にもあります。

誤判・冤罪事件で死刑判決を受けた者の胸中や心の叫びは想像を絶するものがあります。
そして、あまりにも深い悲しみがあります。
その怒りや悲しみは第三者にははかり知れないものがあります。
犯罪によって故なく近親者の命を奪われた被害者の悲しみと憤りも共通する心情としてあります。
「もし自分が被害者の家族だったら…」 被害者感情が量刑の一つとして取り上げられています。
犯罪の外形的な部分だけを強調し、残虐性を印象づける様な犯罪報道が増えつつある今その情報を受け取る物の思考を停止させる傾向はないでしょうか、死刑問題を「他者の命を奪う事に対しては自らの命をも差し出さなければならない」と云う観点からのみ論じてしまえば、そこには復讐と応報の感情しか残らないような気がしてなりません。
多くの刑法学者の方は「罰する事自体に意味を見いだす絶対的応報」として捉えている訳でもなく、死刑存置論を支える根拠にその抑止力をあげています。

死刑制度が終身刑よりも大きな抑止力を持つか否かは科学的には証明できてはいません。
そうなってくると純粋な抑止力の主張は根拠を失い、応報的要素を考慮する傾向が強くなってくるのですが…、
死刑に相当する様な犯罪を犯した者が、実際に刑に処せられた時に本当に被害者遺族の心は救われるでしょうか?

『仕返しためみ人を殺しても私の娘は取り戻せません。殺す事が正当な報復だという意見は娘のはかり知れない価値をおとしめるものです、むしろ、私はすべての命は尊いものであり守る価値のあるものだと主張する事によって娘の命を尊重したい。』
 マリエッタ・イェーガーさんの言葉です。 彼女は愛児を殺害されると云う悲惨な経験をしています。
私たちはもっと積極的に死刑問題を考えなければいけないと思っています。
スポンサーサイト

映画 「ふたりの死刑囚」

福岡ふくふくプラザ
先の6日(木)に岡山県・倉敷市に行って来ました。倉敷の美観地区に行きたかったんですが時間の制約があった為に残念!
倉敷へ訪れるのも4回目?過去に2回も訪れいます、雨に打たれ美観地区を散策したのを思い出されます。
極小規模の勉強会です。こんな喋り方しか出来ない僕を受け入れて下さった方々には感謝しかありません。
日帰りのたびもかなりキツかったんですが、それなりに有意義な一日でした。

10月10日は世界死刑廃止デー
福岡では「ふたりの死刑囚」として冤罪の死刑囚の今を描いた映画界が催された。
2014年3月に釈放された袴田巌さん、48年ぶりに釈放された袴田巌さん再審への道は…、

1961年10月、三重県名張市の小さな村の懇親会でぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」、
奥西勝さんが逮捕された。
獄中から無実を訴え続け、半世紀に及ぶ独房生活。
八王子の医療刑務所で寝たきりの生活を送り、最後の幕を降ろしました。

この映画を観て、冤罪事件とは決してあってはならないと痛感しました。

第二部としてはタンポポの会の筒井さんからのお話も聞けて中身の濃い集会だった様に思います。

会場には見た事のある顔もちらほら…免田栄さんご夫妻とバッタリ、2年ぶりの再会でした。

懇親会&カラオケにも参加され、盛り上がりその夜は天神のホテルへ…、

何はともあれこの映画会に東奔西走された各スタッフの皆さん方に敬意を表したいものです。

* 写真は「ふくふくプラザ」福岡市民福祉プラザ、

「汝、ころす事なかれ」

人は人をなぜ殺すのか、
それは犯罪を語る時のうえでの永遠のテーマだと思います。
歴史の始まりにおいて階級社会以前の原始共産社会の中でも人を殺し合っていたいたのかどうか?
もしもその時代からお互いに殺し合っていたとすれば、本能的なものとしてとらえる事もできます。
もしそうで無いとすれば、やはり人間社会において歴史的文化的に形成されて来たと云う事で必ずしも本能からでは無いと云う事になります。
 『汝、殺す事なかれ』と云う戒律があります。
聖書の世界で人間社会の根本的な規範として考えられてきました。

「死刑廃止と拘禁刑の改革えお考える~寛容と共生をめざして」人権擁護大会:日弁連、7日 福井県でおこなわれた。
〝2020年までに死刑制度の廃止を目指し、終身刑の導入を検討する〟
とする宣言を採択しました。
宣言採択の背景には4つの死刑事件で再審無罪が確定した事があげられる。
あってはならない冤罪事件です。
日本はいま世界から取り残されつつ…、
《死刑とは、国家の為の殺人に他ならない》 と思います。

数日前からブログにログイン出来ない!
パスワードを忘れ、登録をしていなかったせいでしょうか?
慌てて登録をしました。反省!
記事を書いたのは良いけれどシッチャカメッチャカな記事になってしまいました。
プロフィール

FC2USER735203ASP

Author:FC2USER735203ASP
愛知県出身 1983年愛知県「半田保険金殺人事件」で末弟を殺され、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は死刑制度に深い関心を寄せながら犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。2010年脳梗塞を患い,
言語・右半身を失い活動を一時休止に追い込まれましたが2013年に復活,現在は『宮崎事件』、 冤罪と云われる『福岡事件』に取り組んでいる。「望むのは死刑ですか…、」シネマトークに参加する。

著書に「弟を殺した彼と、僕」ポプラ社、2004年8月・・など、
ー被害者と加害者との出会い考える会ー
「Ocean」を設立。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ocean
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。