冤罪 福岡事件 から死刑と再審を考える・・・、

全日空
福岡事件から死刑・再審を考える会のシンポジウムに参加させて頂きました。参議院議員会館です。25日の朝、突然に名古屋の神田さんに対する死刑執行のニュースを空港の待ち合いロビー聞きました。
その事を受け25日の午後4時からの緊急記者会見に臨みましたが、自分でも何を言っているのか分からない会見の内容に終わりました。
翌日には冤罪で執行された西さんの遺品展と共にシンポジウムが開催されました。
福岡事件とは、1947年5月に福岡市で中国人ら2人の商人が殺され、現金が持ち去られた事件です。
主犯に西武雄さん、実行犯に石井健治郎さんが逮捕されました。
彼らは一貫して無実を主張。西さんは事件も知らず、現場にもいなかったと主張しています。石井さんは殺人は認めるもの誤殺であり、強盗はしていないと訴えています。
死刑囚となった西さんは『叫びたし寒満月の割れるほど』の詩を残し1975年6月、無念にも死刑執行により、この世を去りました。
その後、石井さんは恩赦で43年ぶりに仮釈放されます。
死刑執行後の再審請求も棄却、「福岡事件」の再審の実現が不可欠だと思います。
古川さん、連日の催しご苦労様です、そして又、心あたたまるほどのお出迎え感謝しています。
 主催:いのちなきところ正義なし N0 Justice Without Life

27日は場所を下関に移し、アムネスティの集まりでした。
作家で映画監督でもある 班忠義さんによる旧日本軍の中国現地女性に対する性暴力を明らかにした講演でした。
28日、下関の史跡巡り、幕末の志士たちの意気込みを感じる時間でした。
 


プロフィール

FC2USER735203ASP

Author:FC2USER735203ASP
愛知県出身 1983年愛知県「半田保険金殺人事件」で末弟を殺され、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は死刑制度に深い関心を寄せながら犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。2010年脳梗塞を患い,
言語・右半身を失い活動を一時休止に追い込まれましたが2013年に復活,現在は『宮崎事件』、 冤罪と云われる『福岡事件』に取り組んでいる。「望むのは死刑ですか…、」シネマトークに参加する。

著書に「弟を殺した彼と、僕」ポプラ社、2004年8月・・など、
ー被害者と加害者との出会い考える会ー
「Ocean」を設立。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ocean
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR