死刑制度が奪っているものとは・・、

犯罪被害者給付金制度と云うがある。しかしこの制度の充実については、国の対応は遅く、本当に機能を果たすものになるには時間がかかりそうです。
一昨日(20日)、昨日(21日)、東京・早稲田大学で行われた死刑制度をテーマに『刑事制度について学び、考え、審議する』と云う審議型意識調査に参加して来ました。
ここでは今の死刑制度が奪っているものとは・・・、発言して来ました。
この様な大規模な、そしていつものと違うタイプの会に出席出来た事は光栄のいたりでした。
改めて、オックスフォード大学・早稲田大学の主催者に感謝を申し上げたいと思っています。
それに、イギリス・ドイツ・ノルウェイ・スイスの外務省・EU・ダイワファンデーションにも、
現在、被害者遺族への給付金は500万円程度で欧米などに比べるとかなり低い額です。
しかも、申請をしなければ、支払は無いので、制度の存在さえ知らない被害者や家族は貰えません。
拘置所での面会についても、面会は法律で禁止されている訳でもなく、拘置所長の裁量権に任されています。
それを何とか打ち砕こうと思っているのですが・・・、
拘置所側は「法務省の許可が必要」と云う、法務省は「拘置所長の裁量権の問題だ」と云う、
なすり合いばかりである。
今の法律は「国が代わって加害者を殺してやるから、被害者は家でおとなしく悲しんで、遺影に向かっていれば良い」と
云っている様なもの・・・、今では被害者の人たちも、「良い被害者」「鋳型に嵌められた被害者」の様な雛形に嵌っておとなしくしているのでは無く、あちこちで声を挙げ始めています。
被害者の権利も加害者の人権も全てが国によって奪われています。
それが、死刑制度です。
日本の国が、何故これほどまでに死刑制度を堅持しているのか、いまある制度がどんなものなのか?
きっと、大きな問題も見えて来る筈です。
プロフィール

FC2USER735203ASP

Author:FC2USER735203ASP
愛知県出身 1983年愛知県「半田保険金殺人事件」で末弟を殺され、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は死刑制度に深い関心を寄せながら犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。2010年脳梗塞を患い,
言語・右半身を失い活動を一時休止に追い込まれましたが2013年に復活,現在は『宮崎事件』、 冤罪と云われる『福岡事件』に取り組んでいる。「望むのは死刑ですか…、」シネマトークに参加する。

著書に「弟を殺した彼と、僕」ポプラ社、2004年8月・・など、
ー被害者と加害者との出会い考える会ー
「Ocean」を設立。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ocean
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR